偏りに注意

雪と女性

血液サラサラでないと、体には色々な悪影響が出てきます。血液サラサラでなくなると肥満になると言うのは有名ですが、それだけではありません。高血圧や脳梗塞、心筋梗塞を発症する確率がグンと高まります。とくに、40代を過ぎると血液サラサラでなくなる可能性が高くなるので注意しましょう。 血液サラサラにするには、肉やお酒の摂取量を減らさなければいけません。肉は飽和脂肪酸を含んでいるので、血液をドロドロにしてしまいます。青魚は不飽和脂肪酸なので、肉ではなく青魚を食べるようにしましょう。 他にも血液サラサラにする食品はありますが、そればかり食べていてはいけません。大事なのは、栄養が偏らないように気をつけることです。

野菜も血液をサラサラにするのに効果的ですが、1日に350g程度摂るべきと言われています。350gと言うと、結構な量です。毎日これだけの野菜を摂ることは難しいので、サプリメントなども上手く取り入れましょう。もちろん、サプリメントに頼り切ってはいけません。生野菜も積極的に摂ることが基本です。 野菜や青魚、海藻類を摂ればかなり血液はサラサラになりますが、できれば玄米も摂るようにしたいです。白米は玄米と比較すると、栄養価は低くなります。白米から玄米に切り替えれば、血液のドロドロはかなり改善されるのです。 どう言うバランスで摂取すればいいか分からないと言う人もいますが、インターネット等で簡単に調べることができます。