血管について

自宅のパソコン

血管系の病気には、高血圧や脂質異常があり、これらを放置しておくと「動脈硬化」を引き起こします。この結果、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす等、生命を脅かす病へとつながっていくのです。また、近年良く耳にするようになったメタボリックシンドロームとは、高血圧や脂質異常等の症状を伴う、内蔵脂肪型肥満のことを言い、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高めます。このような血管系の病気の中でも、「高血圧」の患者は約4000万人以上であり、深刻な問題となっています。そして、食生活の欧米化と運動不足等の影響から、脂質異常を患う人も増加しています。このような様々な変化が血管系の病気へのリスクを高め、今後も国民病として一層患者数が増えると考えられています。

血管系の病気を予防するためには、生活習慣の改善とサプリメント摂取が必要になります。日常生活においては、肥満を避け、飲酒に気をつけます。また、禁煙を行い、激しいスポーツを避け、ストレスを溜めない生活を送る必要があります。また、脂肪の取り過ぎに気をつけ、魚介類や野菜、海藻を積極的に食べることが必要です。そして、血液サラサラ効果があるサプリメントを、上手に取り入れることが大切です。血液サラサラ効果があるものとしては、レシチンがあります。また、血管拡張作用のあるイチョウ葉エキスも、血液サラサラ効果があります。また、コレステロールを下げ、血行を良くするEPAやDHAにも、血液サラサラ効果があります。ストレス抵抗力や活性酸素を取り除くためには「ビタミンC・E」が必須の栄養素となるので、血液サラサラ効果のあるサプリメントと共に摂取することが必要です。